日別: 2017年7月13日

消費者金融のおまとめローン

改正賃金業法の出現によって、急増したおまとめローン。複数のローンを一本化することによって、金利や返済を軽減化する救済策として登場したローン商品です。おまとめローンは、銀行ローンのように総量規制対象外。通常なら年収の3分の1までしか借りられないキャッシングを複数にまとめられるのは、総量規制対象外ゆえです。

おまとめローンを組むことによって、これまで多重債務の返済に苦しんできたストレスが解消されます。それぞれ異なる返済日を忘れてしまったり、返したかと思ったらまた別の返済日が訪れたりすることに四苦八苦することもなくなります。返済を滞納して、何社からも督促に迫られるようなこともありません。1つの消費者金融会社に返済をしていけばいいだけですから、シンプルなお金の借り方になるのです。

このように、おまとめローンに向いているのは、多重債務で返済が厳しくなってきた人、借り換えして複数のローンを一本化したい人です。おまとめローンの目的として、金利をこれまでより低くする、返済の負担を軽減化するといったことが大切。消費者金融から消費者金融への借り換えですから、金利の問題は銀行ローンほどに低くするのは難しいのが基本。とはいえ、月々の負担を軽くしなければ、返済を続けていくのが難しいのです。

注意しておきたいのは、おまとめローンによって金利が低くなったにもかかわらず、返済額が増えてしまうようなこと。月々の返済額やいつまで返済を続けることになるのかについても、慎重に相談する必要があります。